同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
数百の夢を見るには短い夜
2018年04月30日 (月) | 編集 |
成仏公演「身毒丸」の演出を担当して頂いたおでこ丸です。
今回の演出意図は“「再現」ではなく「表現」”でした。

再現をしたくないというのはセリフや歌などを新しく変えたりすることではなくただ意味もしらず脚本に書いているものをひたすらやっていくよりは例えその仕方が下手でも自分たちならではの意味を持ってやっていきたい気持ちでした。

原作者が求めたのは見世物の復権だと解釈した私はストーリーを伝えるよりこの劇を上演するその行為自体に意味があると思いました。そこでこの呪術的な劇を神にささげる儀式のようなものにするのはどうかなと思い成仏公演を打つことになりました。
私は自分がしらない話をすることが出来ないと思っています。まだ日本に来て1年、そのような日本の儀式などを見たことがないので母国のものを参考にして舞台を作っていきました。

劇全体的なイメージは韓国のいたこ(ムダン)をモチーフにしました。
音楽も韓国舞楽(日本で言うと神楽ですかね)によく使われてる楽器が入っている音楽を使いました。
舞台は小ホール全体を見世物小屋にするイメージでした。
客席をお互い向き合えるところにおいたのは向こうの客も見世物にみえるようにしたい気持ちでした。
それ以外にもいたこ(ムダン)の舞は決して気持ちよく見れるものではないので今回も不気味な気分を持たせるため様々な工夫をしましたが私の演出経験値の低さで上手く表現できなかった点はとても悔しいと思いました。経験のなさは時間のなさに繋がるということを学びました。

役者さんには神が下りてきている気持ちで動いてもらうように演出をつけました。
その宿った神々を成仏させるのが今回公演の目標でした。
大きい枠を決めてからは基本役者さんの考えで芝居をするようにしましたが工夫が足りなかった部分も少なくなかったので演出として反省しました。


あえてこの作品を持って今を生きている私たちが感じた何か新しいものを表現しようとした今回の経験は自分にとってはとても貴重な時間でありました。例え多くの失敗はありましたが、落ち込むことはないと思いました。次はもっと上手くやりたいと思います。
今後はちゃんと舞台で見せることが出来てこのようなブログを書くことがないようにしたいです。

今回観に来ていただいて本当にありがとうございました。
書いていただいたアンケートも大変参考にしています。
私はとくにOBOGの方々からのコメントがとても嬉しかったです。

船が山に登るのを知って一緒に乗ってくれた座組のみなさんにもお礼を言いたいです。
てっぺんまで行きたかったな。

新歓期間なのにあまり新歓向けの公演にはなっていなかったと思いますが
よかったら今後一緒に舞台作って演劇やりましょう。
お待ちしております。

それでは、成仏公演、ここで終演とさせていただきます。
また、お会いしましょう。

おでこ丸。
スポンサーサイト
2018年04月22日 (日) | 編集 |

どうも、今の時期の寒暖差にやられたのか、風邪を引いた中川です。

残念に思うかもしれませんが、キャストではなく、ただのスタッフです。

公演に参加するのは初めてではないのに、いつもこのブログに悩まされます。何故かといえば、書くことがない凡庸な人生を送っているからです。ビバ平凡。
今回こそ、なにかポエミーなことを…!!と意気込んでいましたが、なにも思いつきませんでした。センスをください。

そういえば最近の授業、特に多言語の授業では先生の声がお経に聞こえるようになりました。でも、授業も課題も成仏してくれません。どうしてなのでしょう?

もしかすると、100分の1くらいの確率で自分の成仏して欲しいものが成仏するかもしれない(責任は取れない)次回公演↓

演劇集団Q お母さん、俺仏になるんだ。成仏公演「身毒丸」
作:寺山修司 演出:丁智洙

【日時】
4/27(金) 19:00
4/28(土) 13:00/19:00
4/29(日) 13:00
※上演時間は約90分を予定
※途中入場なし

【会場】同志社大学新町別館小ホール

【料金】無料カンパ制

【ご予約】
①本アカウントへのリプライ、DM
②メール
👉engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
③シバイエンジン
👉http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b22fc63acb

わすれる
2018年04月19日 (木) | 編集 |
こんばんは。
記事タイトルをかえました、
夢みるひとりどうぶつえんです。


人は、なにかを好きになったあとは
好きではなかったころの気持ちを忘れるそうです。


私は本が好きです。
読書をするときはまわりの輪郭がぼやけて忘れて、没入します。ふっと顔を上げて現実との乖離を楽しみます。これがギャップ萌えです。



先日稽古場で、国語の教科書にのっていた文学をたくさんよみあげました。

作家によって作品によって、様々な文のかたちがありました。
声に出して読み上げると違いはさらに如実にあらわれて、演劇のできる過程ってこんな感じなのかなと思いました。

特に、中島敦の「山月記」は劇にしたらおもしろそうです。李徴の虎は映えそうだなと思いました。やってみたい。

虎になりたいあなたも
虎になりたくないあなたも
猫になりたい私も 以下公演情報



演劇集団Q お母さん、俺仏になるんだ。成仏公演「身毒丸」
作:寺山修司 演出:丁智洙

【日時】
4/27(金) 19:00
4/28(土) 13:00/19:00
4/29(日) 13:00
※上演時間は約90分を予定
※途中入場なし

【会場】同志社大学新町別館小ホール

【料金】無料カンパ制

【ご予約】
①本アカウントへのリプライ、DM
②メール
👉engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
③シバイエンジン
👉http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=b22fc63acb
3回生になりました
2018年04月18日 (水) | 編集 |
こんばんは、や〜兵衛です。

今年で3回生です。早いものです。特に書くことが思いつかなかったのですが、ふと自分が新歓されていた時のことを思い出しました。


『ぼっちだったので、説明会終わったら直ぐに家に帰った。「なんだこの大学生活」と我に返り、紫の同志社バックを持ち再び大学へ。
サークル勧誘してた上回生に声をかけられる。タダ飯が食えるとのことだったので、とりあえず着いていった。ちなみに合唱サークルだった。全く興味がなかったので、晩飯だけ美味しくいただいた。』

そんなノリでオリテ期間はどこかのサークルの人に晩飯を奢ってもらう生活をしていました。はいクズです。奢ってくださった先輩方ありがとうございました。

ところが、人生ってよくわからないものですね。私はその全く興味のなかった合唱サークルに入団することになるのですが、、、そんなことは置いておきましょう。

大学生っていろいろとやろうと思えばできてしまうので、いろいろチャレンジしてみてください。どうなるかなんて分かりませんよハハハ


ほら、ここにもひとつの道が↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演劇集団Q お母さん、俺仏になるんだ。成仏公演「身毒丸」
作:寺山修司 演出:丁智洙

【日時】
4/27(金) 19:00
4/28(土) 13:00/19:00
4/29(日) 13:00
※上演時間は約90分を予定
※途中入場なし

【会場】
同志社大学新町別館小ホール
〒602-0047
京都府京都市上京区 新町通今出川上ル近衛殿表町159-1

京都市営地下鉄烏丸線「今出川」駅下車、2番出口から徒歩10分
市バス「京阪三条」「出町柳駅前」から
「上京区総合庁舎」下車、徒歩5分

【料金】
無料カンパ制

【予約】
web予約フォーム
こちら

Twitter
@engeki_q

メール
engekisyuudan_q@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演劇に興味が少しでもあるならば、まずは観劇してみては?
Hole in hall
2018年04月17日 (火) | 編集 |
こんばんは。
先日大阪城ホールのトイレに靴下を落っことしてしまい裸足に革靴の石田純一スタイルで京都まで帰宅しました旧乳絞り連盟会長元搾乳マスター又の名を元ちゃんです。

はらりはらはらと落ちていくモロッコの古都メクネスの宮殿のモザイクのような柄の靴下は、まるでその惨状と絶望を私に見せつけるかのごとくスローモーションで穴へと吸い込まれていきました。
それを私は驚くほどの超スピードで回収しビニール袋にぶちこみました。
用を足したりしていなかったからまだ良かったものの、フタのないトイレはこの世から滅すべきだと強く思いました。
そもそもフタのないトイレの利点ってなんでしょうね。
利点がないならばつければいいじゃないですか。
トイレに。フタを。
いやトイレの話はもういいですね。

……このように穴というものはつくづく恐ろしいものです。
しかし穴を語る上でひとつ不思議なことがあります。
それは、穴は穴そのものだけでは存在し得ないということ。
穴だけ切り取って持ち運ぶようなことは決してできないのです。
その観点から言うと、今公演のテーマである見世物もお客さんなしには成り立ちません。
見せるものと見せられるものがあってはじめて成り立つものなのです。
なんだか穴に似ていますね。
ふふ、ちょっと何言ってるかわからないですね。

つまり、この見世物のような公演には見る人と見られる人が必要です。
ですのでぜひとも、一緒に見世物を創りましょう。
創ると言っても、何、簡単なことです。
下記のフォームから予約をして、客席に座るだけで良いのですから。

【公演情報】
演劇集団Q
お母さん、俺仏になるんだ。成仏公演
『身毒丸』
作:寺山修司 演出:丁智洙

【日時】
4/27(金)~29(日)

【会場】
同志社大学新町キャンパス別館小ホール

【料金】
無料カンパ制
(0円~好きなだけ!)

【予約】
こちら