FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
これは演劇集団Qのブログ!公演宣伝のためのブログです!リンクをクリックするんだ!
2019年02月20日 (水) | 編集 |
こんにちは。おでこ丸です。

タイムラインに流されないようにタイトルにブログって書いておきました。
これは宣伝のためのブログです。みなさんがこれを読んでいるということは公演を見に来てくれるかもしれないということですね。
みなさんがもし公演を見に来てくださるのなら私たちはとても嬉しいでしょう。お待ちしておりますのでぜひ!
予約

今回は絵本を持ってきたら無料になるという絵本割引というのがあるんです。美術館などで販売するカタログも絵本かなと思っている方もいらっしゃると思います。僕もそう思ったから。絵本はでも絵によって話が進まないといけないらしいですね。カタログは絵が沢山のっているがそれはただの参考図版にすぎないのです。なので絵本はちゃんと幼い頃読んでいたものを持ってくるようにしましょうね。
予約


そして今回は4回生先輩たちの卒業公演でもあります。役者ではありませんので舞台上で見ることはできませんがとにかく小ホールで見るのは最後になるかもしれないのでぜひクリック

いつもブログに宣伝とは関係ないものを書いたような気がして今回は頑張って宣伝のためのブログを書きました。
…おや!? おでこ丸のようすが…!

果たしておでこ丸は殺生丸に進化することが出来るだろうか!それでは劇場で会いましょう!

次のブログは....いつもお世話になっております。はるなさんお願いします!
スポンサーサイト
足りないとは?
2019年02月19日 (火) | 編集 |
こんばんは、原液男子高校生です。
僕、オロナミンCが小さい頃から大好きで先日箱買いしたオロナミンCを毎日大切に飲んでいます。オロナミンCの何が好きなのかと言うと量の少なさです。「少ない」という言葉は悪く聞こえがちですが僕の場合は少ないなと感じるくらいが丁度いいです。飲み足りないくらいが一番幸せだと思います。京都に住むまでは大阪から通っていて、中高の頃はたまにUSJに行っていました。年パスを買う前はもっと行きたい、ずっとここに居たいと切に思っていましたが年パスを買ってからは逆にあまり行かなくなりました。なんと言うのか小さい頃の僕の記憶には満ち足りないことの幸福が住み着いている気がします。今はどうでしょうか。大人になりつつある僕たちは満ち足りなければ数字で買うことができます。数字で買った幸福はやがて忘れます。少ないことは悪いことだと言いふらすのは、より大きな数字を稼ごうとする大人たちなのかもしれません。世界が足りることによって飽和しているのなら今あるものよりも外の世界にイマジネーションすることで満ち足りないことを認識して、その幸福を取り戻せるのではないのでしょうか。イマジネーションをキーワードに展開する「天邪鬼」の中で僕たちとあなたが描くイマジネーションは全く異なるはずですが、やがて辿り着く場所は同じです。
やや強引に結びつけましたが、3月1.2.3です!観に来てください!
次は、座長、ジョン・ジス!よろしくお願いします
私のセリフだよ
2019年02月19日 (火) | 編集 |
卒業公演なんかー
これで今年度の公演全部参加したことになります。オツカレサマデス。

忘れないうちに。
こちら
予約してね。
一応宣伝ってこと忘れそうになるわ。


最近?とかもろもろの話。
欠陥品であるからこそ自分はなにか出来るんじゃないかと思い込んでいるフシがあったんですが、人間どうなんでしょう。
君もバグ、僕もバグ、あいつもあの子もみんなバグ。
見えないだけでみんな欠陥はある。私はそれが人より多い。
最近の話。
影ってあるじゃないですか。
影。影ね。
私鴨川を跨いでいる橋を歩いていたんです。あ、私鴨川好きなんですよ。気持ちいいじゃないですかあそこって。まあそんなことはどうでも良くて。
影ですよ。私の足から伸びている、そいつ。
ちょうど買い物に向かってる最中にふと気になったんです。
別にどうってことはないんですよ?だって普通にそこにあるだけの影ですから。
でもなんて言うか、端的に言うと、ちょっと怖くて。
意味わかんなくないですか?なんですか?影に怖いって。私もよくわかんないです。でもその時はそう思っていました。
ただなんとなく、背後から照らされる太陽が不気味で……。足元の影と目が合って……。



そう。目が合ったんですよ。

目が……。

合うはずないんですけどね。分かってるんですよ、私だって。だって真っ黒なんだもの。合うわけないんですよ。
でもそれがどうも怖くて。
見れば見るほど、なんだか、その、影に、私。

カラスが鳴きました。
カアァって。見たら、すぐ近くの木にカラスが止まってて。
気がつくと私の影を車が轢いていきました。
そいつは何も言いませんでした。


僕は、嘘つきなので……。
見に来てくださいね。

を、見に来てくださいね。
私をあなたの推しメンにしてください。
頑張るから……。



演劇集団Q 大嫌い大嫌い大っ嫌いだけど大好き♡卒業公演
「天邪鬼」
作/中屋敷法仁 演出/西井桃子
【日時】
3月1日(金) 19時
3月2日(土) 13時 18時
3月3日(日) 13時
☆上演時間90分予定
☆開場は開演の30分前です。

【料金】
予約:500円 当日:800円
絵本割:子どもの頃読んでいた絵本を受け付けでご提示いただくと無料

【あらすじ】
昔々あるところのおじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に。灰で枯れ木に花を咲かせると、一寸法師はお椀の舟を漕ぎ、桃太郎は鬼退治へ。
戦場のメリークリスマス・ツリーが輝くとき、ミサイルがどーんどーんと空を飛び交う。

これは、祖国から遠く離れたこの丘で、
焼夷弾の雨に晒されながら、子供たちの想像力、イマジネーションの力を使って戦う僕らの物語。
あまのじゅんやくんと僕達の物語。
…なのだろうか。

【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/

【ご予約】
☆Twitter(リプライ・DMにて)→@engeki_q
☆メール→engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
☆web(シバイエンジン)→http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=5c4047c15f


最後にもういっちょ!
ご予約お待ちしております。

僕は一体何者?
「平成最後の」にいいかげん飽きた
2019年02月17日 (日) | 編集 |
こんばんは。
2回生、夢みるひとりどうぶつえんです。


平成の次の次くらいの時代になったら、
推しや、好きな作品に魂かけてる人の人生はどうなるんだろうと考えたことがあります。
もっと広く考えたら、読書でも、釣りでも、もちろん演劇でも、好きなことに魂かけてる人の老後はどうなるんだろうと思いました。

「おばあちゃん、その推しの話もう何回もしてるよ、わかったから、○○さんと○○さんでしょ、え、逆?ごめんなさいて、そんなに怒らないでおばあちゃん、、」

こうなるか

「まじすか!キャッシュレスじゃないすよね…!?なんかお金を大事に使えそうっす
…そうでもないですか、、俺と一緒ですね…」

こうなるか


どうなるか分かりませんが、とりあえず今は「最近時間が経つのをはやく感じる」「歳とったね」などは極力言わないようにしています。

ハイティーンかそこらのやつがそんなことを言ってしまうと、おばあちゃんになるまであと60年くらい同じことを言わなきゃいけなくなるからです。
なんだかそれが面倒くさくなって、会話の切り出しにしても飽きてしまって、言わないようにしました。(どうしようもないときはしょうがない)


別件
先日推しが死んだんですが(最終回で刺殺)、
私はおばあちゃんになっても死んだ推しについて考えると思います。

しかし、人の迷惑になるように喋りたくないし、迷惑になった時点で死にたいです。
界隈の方々、よろしくお願いします。


そんな私の久々の公演、ぜひお越しください!

🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳
演劇集団Q 大嫌い大嫌い大っ嫌いだけど大好き♡卒業公演
「天邪鬼」
作/中屋敷法仁 演出/西井桃子
【日時】
3月1日(金) 19時
3月2日(土) 13時 18時
3月3日(日) 13時
☆上演時間90分予定
☆開場は開演の30分前です。

【料金】
予約:500円 当日:800円
絵本割:子どもの頃読んでいた絵本を受付でご提示いただくと無料!


次は、バイタリティー溢れる!「だるんだるん汁バニアブライダル♪」さんです。
よろしくお願いいたします!

「うそつき」だった私
2019年02月15日 (金) | 編集 |
こんにちは。なな・ひかる役のビビット泡踊りです。
何について話そうかなあ、と色々考えていたのですが、天邪鬼、という題にちなみ、「ウソ」について思うところを書こうと思います。

私は結構長い間、見栄っ張りの知ったかぶりっ子でした。これは、「ウソ」の中で、最もタチが悪いものだと私は思います。小学生の時は周りの友達みんな見栄っ張りだったので、私もそう見られたくて、見栄をはって、知ったかぶっていました。そのまま、周りの人達が見栄を張るのも知ったかぶるのもダサい事だ、と気付いてそれをやめても、私だけは見栄を張ることをやめられず、知らないことを知らないと言えず、生きてきました。

でも大学に入って、交友も広がり、私よりも生き方の賢い人もたくさんいて、私よりも多く歳を重ねた人も沢山いて、踏み出さないといけないタイミングも沢山訪れました。新しい事を始めると、分からないことだらけでした。そんな時、見栄っ張りでは生きていけませんでした。
沢山の先輩に助けてもらって、沢山の事を教えてもらって、最初はみんな分からなくて当たり前、できなくて当たり前、そんな、「当たり前のこと」に、ようやく気付きました。
今でも、色んな先輩に助けてもらってばかりです。「分かります、できます。」って見栄を張りたくなる気持ちはまだ、あります。でも、今では、できなくて後から迷惑をかけることが、一番怖いです。
それと、「分からない」と口に出して伝えないと、「分からないってわかって」はダメだということも、学びました。

これはどんな場面でも言えることだと思うのですが、気持ちは口に出さないと、何も伝わらないんですね。私はそれを知るのがとても遅かった。そのために沢山の後悔をしてきました。でも、今の私は、「わからないです」「できません」と、きちんと口にする勇気を手に入れました。不思議なことに、見栄っ張りだった頃や、知ったかぶりっ子だった時より、沢山の友達や大切な人達に囲まれています。

今回の公演も、沢山の先輩に迷惑をかけて、私の側に居てくれる人達にいっぱいいっぱい迷惑をかけながら頑張っています。でも、大好きな人達に支えられ、応援されて、教えてもらって、見栄や知ったかぶりという「ウソ」で自分を塗り固めて「私」を作り上げていた時より、ずっとずっと楽しいと、心から思えます。

そんな公演は、・こちら

演劇集団Q 大嫌い大嫌い大っ嫌いだけど大好き♡卒業公演
「天邪鬼」
作/中屋敷法仁 演出/西井桃子
【日時】
3月1日(金) 19時
3月2日(土) 13時 18時
3月3日(日) 13時
☆上演時間90分予定
☆開場は開演の30分前です。
【料金】
予約:500円 当日:800円
絵本割:子どもの頃読んでいた絵本を受け付けでご提示いただくと無料
【場所】
同志社大学新町別館小ホール

こんな私が、「分からないよう、できないよう」と言いながら、でも心から楽しみながら作っている舞台です。是非お時間合えば見に来て頂きたいです!

次は、ひより・みづき役、夢みるひとりどうぶつえん さん、お願いします!