FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
参加者10人の脳味噌は美味い
2020年02月14日 (金) | 編集 |
ジーザス・クライスト・トリックスターでは筒井康隆という人間が妄想するところの、「もしかしたらこうなったかもしれない。」が描かれます。「こうだった」と「こうなったら」の巧妙な差異から驚きや笑いが生まれるのです。劇を見て、いつ間にか平行世界にはまり込んでしまったように感じる人もいるかもしれません。
ところが、我々は妄想の並行世界を上演するのではないというところから、創作を始めることになります。聖書-筒井康隆の戯曲-演劇集団Qの直列回路を組む過程が、序盤の稽古でした。

〇分析と情報収集
筒井康隆が聖書をどう料理したかを分析しました。料理というのはおそらく無限に作れます。
筒井がどの素材を選び、どう加工し、何の調味料を使って、どんな盛り付けをしたのか。果ては、どんなレシピを参考にしたのか。
参考にしたレシピは、『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1971年ブロードウェイで初演)というロックミュージカルでしょうか。

1.素材
素材は、言わずもがな聖書です。旧約聖書と新約聖書、全てを学んだとはとても言いきれませんが、概論を皆で学びました。聖書を教科書として、参考書、資料集、映像授業、受験の講義録など使えるものは全て机の上に広げて、10人全員が勉強しました。今公演から新しく稽古場の壁に設置したホワイトボードは既に黒ずんでいます。
結局、6週間の稽古のうち、最初の2週間は、全く演劇をすることなく過ぎてしまいました。少し焦ったのも事実ですが、この勉強が後になって生きてくることを皆信じ、勉強しなければ薄っぺらい演劇になるという恐怖も持ちつつ、踏んることができました。

2.加工
素材の加工については、戯曲に出てくる全ての文や単語を徹底的に調べ、出典をあたりました。ほとんど、新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの福音書が出典でした。出典を当たることで、出典が改変されていたり、出典がない部分は筒井康隆のオリジナルということが分かります。

3.調味料
調味料は演劇で言うと、おもしろみ=旨みの部分です。『ジーザス・クライスト・トリックスター』は初演が1982年ですので、そのおもしろは、当時の空気感や時事ネタを知っている必要があります。それらも調べ上げました。

4.盛り付け
上演記録が映像として残っていないので、盛り付けは想像します。演劇的な部分です。

〇解釈
タイムマシンに乗って2000年遡ります。その動力源は、ひとつに繋がれた参加者10人の脳と演劇の身体です。脳の中で具現化したタイムマシンに乗るとも言えます。戯曲を紐解いて作った筒井康隆オリジナルレシピを見ながら、西暦0年前後のキッチンで、オリジナルクッキングがスタートするわけです。

包丁で切れという命令が脳から伝わります。我々の脳には、2020年までの「人間と出来事と空気」が詰め込まれています。手に、包丁に、食材に、それらが順に伝わります。料理の完成はまだまだ遠いです。6週間しかありませんので、作った料理を再びタイムマシンに乗って、急いで持って帰ってきます。

稽古は味見の繰り返しです。

2020年同志社大学新町別館小ホールで食べてみてください。笑いの毒が入っているかもしれません。

文:本田哲男
スポンサーサイト



終幕によせて。真夜中に
2019年10月14日 (月) | 編集 |
どうも皆さまこんばんは。
御機嫌いかがお過ごしでしょうか。
邯鄲の演出、阿僧祇です。
邯鄲では秘書、熊野ではヒロインのユヤを勤めさせて頂きました。
挨拶がこんばんはなのはこれを書いているのが夜だからです。
夜は静かで、帰る場所のようなそんな安心感と、ただ冷たい孤独が広がる不思議な場所です。

早いもので、ぴよぴよ殻付きのひよこだった我々も、引退なんぞするような立場になってしまいました。あまりにも早すぎて、あっれえ私まだ一回生じゃないの〜〜〜????という気持ちです。

三年もあれば人は変わるもので、私は色んなつんつんしたところが、周囲に揉まれて削られて、随分と丸くなりました。
色んな人を傷つけました。
今公演でも、あるいは普段の生活の中でも。
私がこれまで傷付けた全ての人々に、この場をお借りしてお詫び致します。本当に、本当にごめんなさい。
私はこれからも誰かを傷つけます。自分勝手な理由で。傷付けないようにしてみても、きっと傷付けてしまうでしょう。
それは特に何かを作るたびに、顕著に私の周辺に現れるのだと思います。
私は加害者です。
私が私として、何かを作り続ける限り、その業を背負って、生きていかねばならないのだと思います。
その覚悟を決めねばならない訳ですが、私は決められたのかなあ。よくわかりません
私は入った当初からずっと先輩方にQっぽくないと言われていて、入る場所間違えたのかなあとか、寂しいなあとか、一人で悩んでいた時期も多くありました。基本的に協調性ゼロ人間なので、先輩も後輩もみんな私のこと扱い辛かったことと思います。
けど、回を重ねる事に、ああ私はQに入るべくして入ったのかもなあと思えるようになって、相変わらず孤独ではありましたが、楽しいものを作れるようにはなったと思います。
ありがとう、Q
ありがとうございます、皆さま
出会えてよかったです
それではまたいつか出会う日まで御機嫌よう


月の鮮やかな夜に
阿僧祇
わびさび~~~ィ
2019年10月04日 (金) | 編集 |
みなさん、お久しぶりです。
元気ですか?ァ、元気?ならよし!

インカのめざめちゃんじゃなくてごめんなさい、山本深森です。

もりぺーいもりもりみもりぺーいって人とは親戚です。引退生なのに引退公演に居ないんですね、もり(以下略)

本公演にあまり関わってこなかった団員でしたが、早いものでもう引退です。これ、今後のブログ書く引退生みんな言うと思います。予言。

Qに入って初めて関わったのも、最後(?)に関わるのも引退公演です。しかも両方スタッフとして。すごいね、わびさび~~~ィ(?)

いろいろな経験をしたし、いろいろな人と出会えたし、いろいろお世話になったな~~~
ありがとう演劇集団Q。ごめんね演劇集団Q。そんな気持ち。
でもエモくしたまま終わらせたら怒られるのでここで一旦CM(宣伝)です



演劇集団Q神様助けて引退公演
近代能楽集 『邯鄲』『熊野』
脚本:三島由紀夫
演出:阿僧祇・さといあきこ

【日時】
10月11日(金) 19時
10月12日(土) 13時/18時
10月13日(日) 13時
・上演時間110分予定(途中休憩20分込)
・開場は開演の30分前
・全席自由席
・途中休憩中のみ入退場可

【料金】
無料

【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/

【ご予約】
・Twitter(DMにて)→@engeki_q
・メール→engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
・web(シバイエンジン)→http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8199815614

みんな私達の引退見届けに来てね


次は大番狂わせ、ここで『旧乳搾り連盟会長元搾乳マスター又の名を元ちゃん』!!!!!!
新人よりもブログ新人の引退生
2019年10月03日 (木) | 編集 |
どうも、演劇集団Qに入団して3年目の中川と申します。
あっ、コイツ役者じゃねぇのか残念、と思った人はですね、私より先に素晴らしいブログを更新してくれた方がおりますのでそちらをご覧くださいね。

演劇集団Qに参加して3年目といいましたが、このブログを書くにあたって一苦労しました。新人か?
こんなんでも引退生です。

3年間ずっとスタッフをしてきました。スタッフは役者を道具などの側面だけを支えるのではなく、心身共に支えるんだー!というモットーを掲げ(できていたかどうかはわからないけれど)、舞台、照明、小道具、衣装と、様々な経験をさせていただきました。こんな沢山の経験ができて演劇集団Qには本当に感謝しております。本当だよ。

私の話を聞きにきたわけじゃねぇんだよ!はよ宣伝しろ!と言われそうなのでこの辺で。よければ見に来てくださいね。

演劇集団Q神様助けて引退公演
近代能楽集 『邯鄲』『熊野』
脚本:三島由紀夫
演出:阿僧祇・さといあきこ
【日時】
10月11日(金) 19時
10月12日(土) 13時/18時
10月13日(日) 13時
・上演時間110分予定(途中休憩20分込)
・開場は開演の30分前
・全席自由席
・途中休憩中のみ入退場可
【料金】
無料
【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/
【ご予約】
・Twitter(DMにて)→@engeki_q
・メール→engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
・web(シバイエンジン)→http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8199815614

次は頼りになりすぎる二回生の役者!インカのめざめちゃんです!よろしく〜
たぷたぷ修羅の道
2019年10月01日 (火) | 編集 |
おはようございますこんにちはこんばんは、たぷたぷ修羅の道です。
この前約一年半ぶりのQだと言っておきながらこんなに早くまたお会いできるとは。嬉しい限りです。

演劇集団Qを引退します。早いもんで。新歓公演を見てずっと入りたかった演劇の世界に飛び込んで、新人公演で初舞台を踏み、それから外部にもいくつか参加させて頂きました。たくさんの出会いがあってたくさんの世界を知ることができて自分自身を成長させることが出来たのではないかと思っています。
そのきっかけとなったのは間違いなくQであるわけで。色々お世話になりました。
ありがとうございました。
これからも演劇集団Qを宜しくお願い致します。

良かったら観に来て下さい。

演劇集団Q神様助けて引退公演
近代能楽集 『邯鄲』『熊野』
脚本:三島由紀夫
演出:阿僧祇・さといあきこ
【日時】
10月11日(金) 19時
10月12日(土) 13時/18時
10月13日(日) 13時
・上演時間110分予定(途中休憩20分込)
・開場は開演の30分前
・全席自由席
・途中休憩中のみ入退場可
【料金】
無料
【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/
【ご予約】
・Twitter(DMにて)→@engeki_q
・メール→engekisyuudan_q@yahoo.co.jp
・web(シバイエンジン)→http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=8199815614

次はいつも陰ながら支えてくれたスタッフ、中川和音さんです。