FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
ほめちぎり
2018年10月15日 (月) | 編集 |
3回生のあやみです
2年前の今ごろ、先輩の引退公演で「阿呆船(あほうぶね)」という作品を上演しました。頭のおかしい人たちがいっぱい船に詰め込まれて運ばれていくという内容です。

私たちの上演する「盲人書簡」は、阿呆船の船出の場面から始まります。
ずっとお酒を欲しがって震えている女や、身の回りのものに怒鳴り散らさずにはいられない男、思い通りに身体が動かせない人などが登場しそこらじゅうを動き回ります

こうやって文字で書くと、気持ち悪いと思った人も、そんな大したことないやんけと思った人もいると思います。アル中やキレやすいといった評価は誰がどういう基準で下すのか、まともな人と頭がおかしい人の線引きは何によってされるのか、最近はずっとそういうことを考えています🤔

知り合いの何人かに「怖いの苦手なんだけど大丈夫かな?」ということを相談されました!
しょうじき登場人物への感じ方は人によってもう全然違います。
気持ち悪いと感じる人もいれば、愉快だなと思って笑う人もいるかもしれません!あるいは、悲しい、かわいそうな人たちだと感じる人も!私は、どのキャラクターもめっちゃかわいいと思います。気持ち悪いという感じはあんまりない?だからビビらずに来てください!

同じ引退生の2人、私には、まともじゃない人にはとても見えません。むしろ能力が高くていろんなことができるようにも見えるのですが、ある友達がこないだ「健全な人ほど不器用にうまくやってる。病苦のひとを器用にさせるな」と言っていました
何がこの人たちをそんなに器用にさせたのかは卒業してもはっきりとはよくわからないと思います。でもすごい人を惹きつけるものを持っているので惹きつけられにきてほしいです。

あと開場中の音楽がまた、いいので、できればはやめにきて雰囲気を味わってほしいです
同じ10円でも、直前にきて開場前の音楽を1分くらいしか聴かないのはもったいなすぎます。

まとまりのない文章ですいません
交換日記なので身内をいっぱい褒めました!明後日バイトを辞めます!次は座長のゆうだいくんで
んで予約はこちら
スポンサーサイト