FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
生まれながらの天邪鬼
2019年03月01日 (金) | 編集 |
お久しぶりです、よく笑う子です。
ただいま卒業公演、絶賛ホール週でございます。
新町別館小ホールに帰ってきました。相変わらず好き放題やっております。
ちんたらブログを書いていたら、本番当日です。
好きな人だけ観に来てください。
好きなことしかやってませんので。

明日以降のご予約:こちら
当日券も山程出せると思いますので、ご予約されていない照れ屋な貴方はお金を握りしめて小ホールにGO!


どうやらこのブログは身内しか読んでないみたいなので、演劇集団Qでの4年間をなんとなく振り返ってみようかと思います。


大学生活3年間、ずっと死にたい消えたいと思っていました。
身を削って演劇をしていたあの頃に比べたら、今は嫌な方向で大人になったと思います。100%作品に向かえる時間は確実に短くなりました。でもその代わり、人生不幸な方が面白い作品が作れるというジンクスから逃れられました。面白いもんは面白いし、面白くないものは面白くない。
Qの先輩たちに出会い、役者の自信をなくし、演出の自信を持ち、演出家を志すことになりました。演劇人としての私はQという土壌に育てられたと胸を張って言えます。
1回生、新歓時期のイベントに全く参加せず、大学のはぐれ者(を気取っていた)私を快く受け入れてくれた先輩方には頭が上がりません。
高校演劇から逃げて来たつもりだったのに、悲しいくらいに凝り固まっていた私の演劇をぶっ潰してくれたのは先輩方でした。先輩方にとっては当たり前だったり、特別すごいことをしていないのかも知れないけど。
本当に自分はつまらない人間なんだなと痛感し、毎公演羨ましくて仕方がなかったです。今も羨ましいです。先輩方には一生敵わないと思います。ルンバのモノマネを強要されたり、会議に来なかったり、公演飛ばれたり色々しましたけど、本当にお世話になりました。
最後まで生意気な後輩で、後輩たちで、ごめんなさい。
もらったものが多すぎて私は誰にも何も返せず、ただ卒業だけが目の前にあります。
「面白い作品で返すしかない」と思っているので
何卒、どうか、この1本で、マルッと許してやってはくれないでしょうか。

天邪鬼、良い作品になってると思います。

後輩たちがとっても頑張っている。
卒業生、参加人数少なくてごめんね。
役者として一緒に舞台に立ってあげられなくてごめんね。
(毎日怒られて怖かったよね。)
でも、参加してない人が血涙流して地団駄踏むくらいもっともっともっと面白いもの作りたいから、
もっともっともっともっともっと頑張ろう。
この腐った世界、その指先で変えてくれよ。

誰一人欠けることなく、上演までこぎつけられたこと、心から誇りに思います。
4ステージ、楽日まで駆け抜けようぜ。
私たちが演劇集団Qだ。
それでは、劇場で会いましょう。

2019/03/01
よく笑う子
スポンサーサイト