FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
京都自殺防止センターから電話が来た。
2020年02月25日 (火) | 編集 |
数日前、京都自殺防止センターから電話が来た。今は死にたいと思ってないけど……。と思いながら電話に出た。「出して」とずっと女の人が繰り返していた。

母が「今日は帰ってくるのよね?」とラインを送ってきた。実家には数日前帰ったばかりである。帰省もそもそもココ最近はお盆とお正月だけだし、変だなと思った。「なんで?」と返すと既読がつかなかった。

DMがきた。インスタのDMだった。鍵垢からで、なぜ通知が来たのかも謎だった。開けてもメッセージがなく削除された形跡もない。何も送られていないDMがきた。

子供の頃遊んだ丘に久しぶりに行った。あまり近づくなと言われていた丘だったが僕はそこが好きだった。丘から山に入る裏道があって、そこから山は獣道である。そこに墓が立っていた。僕の名前が書いていた。

シュート中なので調光室にこもって舞台を見ていた。操作版をいじくっている最中にコンコンコンと階段を登る音がして、ギィと音が鳴った。きっと調光室のドアを開けて誰かが来たのだと思って振り返った。誰もいなかった。

何度消してもひとりでにつく灯体がある。

幕をなおしていたら、誰かが幕を押したのか手形が浮かび上がってきた。「いま幕直してるからやめて」と言うと舞台側から「ごめんね」と返ってきた。聞き覚えのない声で慌てて舞台側を確認したが誰もいなかった。

タンパク質の燃える匂い。

よくよく見ると、演出家の指が1本ない。

母が死んだらしかった。

過ぎ去る車窓の向こう側でずっと誰かが手を振っていて、僕はそれを見つめていて、車内には誰もいなくて。

山登りをしよう、と小学校時代の友人から誘われたので軽い登山に出かけた。山中でとても険しい道があって、ひぃひぃ言いながら登っていると彼が突然「お前は忘れないよな」と言い残してから消えた。

濃い霧から出られない。


スポンサーサイト