FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
ブログです
2018年02月14日 (水) | 編集 |
遅くなってしまい申し訳ございません!
昨日はかけ布団カバーと布団カバー取り付けてたらいつのまにか寝てしまってました
いや、いつの間にかというよりもう寝てもいいと思いました。
洗濯機もまだ回ってたけど、目覚ましもセットしてなかったけど、ご飯もセットしてないけど、もうどうでもいいや、と思い、手を伸ばすその先にある電気スイッチをばちっと押した瞬間からの記憶がほぼないです
そんなわけで 昨日は書けませんでした。あっ書けなかった というのはブログのことです。

おとといも、その前も、何かしら理由はあった気がしますが、理由なんて後からつくもんです。ものごとの正当化はいたるところで起こっています。

そして今日、やっと書けてる理由は、ブログなんて書かなくてもいい、おまえの自由だ、永遠にかかなくてもいい、と自分に言ったからだと思います。
しなくても全然いい、どーでもいい存在に1回おとしめてから、そのどーでもいい存在を自ら選び取る
これこそ私が義務をこれまで、なんとかやってこれた理由な気がします。
いまの周りの環境も自分が自ら選びとった結果存在していると思います
自発的じゃないとやってられません

昨日気がついたのですが、エナジードリンクや眠気覚ましのコーヒーも私にはもしかしたら逆効果なのかもしれないです。 (あくまで私にとってはです!)
エナジードリンクやコーヒーを飲む行為はある種の受動的な行為です。(あっしかし、コーヒーは好きなので能動的に飲みますね)栄養剤に助けてもらおうというやつです
昨日 睡眠不足で稽古で全力を出せるか不安でしたが 、自分の、こういうときコーヒーとかモンスターを買うという傾向(習慣)を裏切ってやろうと思い、お茶とラミーを買いました。
すると、栄養はない!自分でなんとかしなくては!!という意志が湧いてきて、元気に稽古ができました。 多分、若さも幸いしてます。こんなかんじで若さで乗り越えられることはいっぱいあるんだと実感しました。

ところで、あしたは早朝バイト&稽古なので早く寝なきゃ たぶん、やってられません。
でも きょうぐっすり寝たせいで寝れそうにないです。 ええい!別に寝なくてもいいじゃないか! !と思っときます

早朝バイト前夜は遅刻するのがこわくて、1時間ごとに目覚めます。12じ、1じ、2じ、
4時に起きればいいものを、3時に起きて朝ごはんにタイカレーを食べます。
ぜんぜん寝起きのテンションじゃないです。
寝る前のハイなテンションです(かといって、寝起きがいつもローテンションってわけでもないですが) 。
顔さえむくんでないです。活動しきって、むくみ取れスッキリというか、やや黒ずんだような、前日、談笑したときの名残のある顔をしています。 前日の延長を生きる感覚です。(たいていは寝ると前日ってリセットというか、いらないものが消えて、いるものが残ってって感じで整理されてます)

なんせ眠れないくらい元気ですから、そのまま元気に働きます。
新人じゃなくなった証に、ホールを1人で任されるようになり、ほんとに目が回るくらい忙しいです。
バイト中に7.4km歩きます。バイト時間が5時間なので時速1.48kmで大したことないな!と思いましたが 常に動いてます。
経路追跡系アプリ起動したままだったらきっと 食堂の内部構造がすっかり浮きぼりになるくらい食堂中を歩き回ります。
行ったり来たりするので ほんとシャトルランしてるみたいです
寝起きのお客様がとにかく多く来られます。
次々にやってくるので 同じ文言を1分間に何回も言うことになります。
そのうち、自分がもしかしたら間違ったことを言ってるんじゃないか、自分の日本語が間違っていて、実は彼らに何にも伝わってないのではないかと 不安に駆られます。
1回、頭がナントカ崩壊起こして、真剣に「ゴ自由ニオトリ下サイ マセマセー!!」
と言ってしまって、さだまさしみたいでおもしろかったです
あと外人さんがとにかくいっぱい来るので、英語の対応もするのですが、厨房で「だし巻き卵余ってる?」と聞かれたとき、
「イェア… 」 とすっこぐ気取ってるみたいに言っちゃったのが面白かったです

今から寝たら5時間寝れます。 寝ます。私のつれづれにお付き合いありがとうございます。 ブログってなんでしょう。
昨日今日のはなしを敬語で語り、宣伝URLを貼るだけです!!!!!!


ご予約はこちら!!↓ ああ、もっと表に出ろいっ!語れば良かった でも明日の表に出ろいっ!稽古のためにももう寝ます!稽古をしてなるべくいいものを完成させることが 表に出ろいっ!ブログで語らなかったことへのつぐないです! つぎは、ヤマコー!!よろしく!!!!!
こちら
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック