FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
バイトにいってくる
2018年06月09日 (土) | 編集 |
あの夢はなんだったんでしょう。 ほんとに歯が取れたみたいでした。
右下の犬歯がぐわってとれて、いや、あと少しで完全にとれるところで、完全にとってしまうかどうかを、私は考えていました。
これは虫歯なのか。いままでの歯磨きが不十分だったのか、これは子どもの歯なのか、いそいで牛乳につけたらまた歯として使えるのか、一生にせものの犬歯をつけることになるのか、とうぶん歯抜けなのか、瞬間的に思いを巡らせました。
クロネコヤマトをまちながら。

眠たくなかったけど眠ってみたら、あんがいずるずると眠かったです。
いま、クロネコヤマトがどこにいるのか無性に気になりました。
バンドTシャツが楽しみで楽しみで仕方ないのと同時に激しく眠かったです。

わたしは思うのですが、
ほんとうに歯は抜けかけてたのだんじゃないか
歯が抜けてる感覚がとてもしていました。
そしてそのとき、こうして横になってクロネコヤマトを待ちながら昼寝してる自分を認識していました。
歯が抜けたとき(抜けかけてるとき)、わたしはこう思いました。
人って気が抜けてるとき、しらんまにパーツが浮くんやわ。
いままで気がつかなかったけど、普段の人間には認識できない領域において、からだはそのパーツの出来を、ちょっとゆるめたりして、セルフチェックみたいなことをしているのかもしれない。
そして、今自分は、そのセルフチェックを、たまたま認識しちゃったという、稀有な状態にいる。たいていの人間はみんな夢へと還元してしまうのだ。
そして、えいっ、て起きる決心をしたら、歯はもとの位置にもどって、ぐっと、固定されました。
だから、思うに、ほんとうに、歯は、抜けかけていたのです。

そんなことを考えながら文にしていると、クロネコヤマトも眠気もなんでもなくなりました。


遅くなってすみません
アルバイトが増えて、違うアルバイト先を行き来してたら、とても眠いときが多くて、空いた時間はよく寝ているのです。
きょうはクロネコヤマトが来るようなので、家で昼寝をしています。ああ、そういえばクロネコヤマトの配達人が信じられないくらい凶悪で、信じられない!!と夢のなかで思っていたことをおもいだしました。

睡眠の前後は、台詞覚えについやす日々です。
睡眠はすごい効果をもたらします。
寝る前は、台詞を覚えていました。
しかし、さっき起きたら、歯が抜けかけたことについて書きたくなって、台詞をチェックする作業を抜きました。
これは、最後のネジを、締めることをおこたる行為に等しいです。
眠りの前と眠りの後は、物覚えにおいて、セットなのです。
もうすぐバイトに行くけど、まだクロネコヤマトはきません。

つぎは、手錠につながれてて、ヤンキーになろうと頑張っている、なぞのぞの君に回そうと思います。

ニーノでした。

予約フォームは
こちら
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック