FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
怠けているわけじゃない
2018年06月23日 (土) | 編集 |
どうも、けんじです。頼れるパイセンです。すぐ調子に乗っちゃいます。気を付けて!
ブログのネタ探しに日記を見返していたら、2年前の10月26日に書かれていたことに目が留まりました。
その日私は図書館で、動物についておもしろおかしく書かれている本を読んだのです。
その本には「働き者のアリでも2割はサボっている。群れを分けて数が少なくなってもその2割はサボっている。子どもには言いたくないことだ。」というようなことが書かれていたのです。これを読んでくださっている皆様もお聞きになったことがあるかもしれませんね。
私はひどくショックを受けました。アリさんの2割がサボっていることにではありません。その表現にです。あれでは多くの人が完全に間違った認識をしてしまいます。
あれはサボっているんじゃないんです!怠けているわけじゃないんです!
実態は働いているアリさんの交代要員です。すべての働きアリさんが働いている場合よりも、働いているアリさんに何かしらのトラブルがあったときに代わりに働く個体が常に待機しているほうが群れにとって効率がよいのです。
だいたい、常に2割の個体が働かないという状態でいることが生存にメリットになるからこそそういう性質をもった群れが生存し続けて現在のアリさんの習性になっているんですよ!無駄のない洗練されたシステムなんですよ!とダーウィニストの私は叫びだしそうです。
さらに言えば、アリさんは超個体ですから、一個体が「サボる」という群れのデメリットになるような独断行動をするなんて考えられません。
つまり、アリさんの習性から学べることは、「働き者でも集まれば怠ける者が現れる」ではなく「ものごとの進行にはあそび(時間的・体力的・精神的クッション)が大事である」ということです。

私は、あそびの大切さがよく分かっているので、待機しているアリさんになりたいのです。(決してサボりたいのではないです。)
それにも拘らず、割とちゃんと働いてしまっているような気がします。
・・・・・・本当は怠惰な私が、割とちゃんと働いて作ったり集めたりした小道具・大道具、見ていただきたいです。

あ、それと、かわいくて偉いお方の声もやらせていただいております。
怠惰な私のプリチーな声を耳をかっぽじって聞いていただきたいです。


【しっとりじめじめ七五三太公演】
『双子生産』
演出、潤色:田中裕大
原作:シェイクスピア『間違いの喜劇』

【日時】
6/29(金) 19:00〜
6/30(土) 13:00〜/18:00〜
7/1 (日) 13:00〜
※上演時間は90分を予定しております。

【料金】
予約300円
当日500円
七五三太割 200円

予約フォームは
こちら

次は未だ謎多き留学生、ホウちゃんお願いしますね~。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック