FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
a dream at a class
2018年10月11日 (木) | 編集 |
けんじです。
なめんなよ下半身タイガースです。
この名前を名乗るのは、ちょうど一年ぶりですね。

話は変わって、今日見た夢の話でもしましょうか。

気がつくと、目の前のユエツが顔を押さえて泣いているんです。
そんなの見たことないし、何で泣いているのか分からず周りに視線を移すと・・・・
平台の前に小劇の和田見さんが倒れているんですよね。
ちなみに、平台は白平じゃなくて、テンサンかテンゴかテンゼロでしたね。重ねてなくて、一段だけ。
で、どうやら、和田見さんは平台を踏み外して死んでしまったらしいんです。
(和田見さん、縁起でもない夢を見てすみません)
「あ、そりゃあ泣くよな」ってユエツが泣いていることに納得した瞬間、それまで当たり前のように身近にいた人が突然世界からいなくなることって、こんなにもどうしようもなく言葉にならないような喪失感なのかと、ゾッとしました。その人がいた部分に穴が開いて、もう戻らないんだっていうことに、絶望しました。
目が覚めると、授業中でした。
和田見さん死んでなくて良かった。
皆さん、平台を踏み外して死ぬことが絶対にないようにしましょうね。
ユエツだけじゃなくて、俺も泣きますから。

踏み外すと死ぬ危険のある平台が使われていない私たちの今公演のご予約フォームは
こちら

次は、ジョン・ジス分隊長、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック