FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
私です
2019年06月08日 (土) | 編集 |
初めまして、私です。名前はまだありません。一応スタッフに本名が書いてありますが、「個人情報を無闇に教えてはいけません!」とママに言われているので言いません。

実は私、同志社大学の人間ではありません。同志社女子大学の人間でもありません。私の通っている大学から公共交通機関で40分かけて家の近くまで帰り、そこから自転車でまた40分かけて同志社大学に向かいます。
しかも、今回の公演の本番一週間前から予定が入っているので本番には参加できないという、極めて外部に近い内部というか、極めて内部に近い部外者というか………とにかく今回の公演の関係者のなかで一番遠い位置にいるのは確かです。
こんな私から見た今回の公演、まあ兎に角カオスです。わんだーらんどって感じです。表現が間違っているかもしれないけど、楽しい!!!!!!ってなります。吐きそうです。ゾクゾクします。個人的にチケット買って見に行こうかなと思うくらいです。でもどうやりくりしても無理なんです。

だから皆さん、私の代わりに行ってください。お願いします。





演劇集団Q 喉が渇いた。六月公演
Q版『迷路』
作:フェルナンド・アラバール
演出:原液男子高校生

【日時】
6/21(金)19:00
6/22(土)13:00/18:00
6/23(日)13:00
上演時間:100分予定
開場は開演の30分前です。

【料金】
予約:500円
当日:1000円
DM:無料
リピーター:無料

【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/

【役者】
エチエンヌ:ププカ
ブルユノ:原液男子高校生
ミカエラ:乱痴パック
ジュスタン:優越漢
裁判官:なめんなよ!下半身ピーターパン

ご予約は こちら
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック