FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
揺動劇
2019年06月08日 (土) | 編集 |
おはようございます。
私が高校で所属していた演劇部では、挨拶はいつでも「おはようございます」でした。
さて、私にも名乗る名前はまだありません。早く厨二心に溢れたキュートでプリティな名前が欲しいところです。顔と本名を晒すことに抵抗があるのですが、「私」さんと区別する便宜上、鹿と名乗っておきます。
今回私はスタッフなのですが、役者さんたちの稽古風景を見ていると、自分の中の演技魂がとても揺さぶられます。ああ、私だったらここはこうするのに!!そこはもっとこうした方が!!ああ、なんて素敵な役!!ああ、思う存分声を上げて、自分ではない何かを演じ、成りきる!!舞台上では人は何にでもなれるのです!!これほどに素晴らしい場所がどこにあるでしょうか!!舞台に立ちたい、演技がしたい!!!最近の私の心はずっとこの気持ちでいっぱいです。さて、ここまで私の心を揺さぶる役者の演技、皆様も気になることでしょう。ええもちろん、皆様の心を揺さぶるに値する素晴らしい舞台であると宣言致します。どうぞその目で、お確かめあそばせ……。





演劇集団Q 喉が渇いた。六月公演
Q版『迷路』
作:フェルナンド・アラバール
演出:原液男子高校生

【日時】
6/21(金)19:00
6/22(土)13:00/18:00
6/23(日)13:00
上演時間:100分予定
開場は開演の30分前です。

【料金】
予約:500円
当日:1000円
DM:無料
リピーター:無料

【場所】
同志社大学新町別館小ホール→http://engekiq.webcrow.jp/contact/

【役者】
エチエンヌ:ププカ
ブルユノ:原液男子高校生
ミカエラ:乱痴パック
ジュスタン:優越漢
裁判官:なめんなよ!下半身ピーターパン

ご予約はこちら
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック