FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
ありがとうございました
2012年04月30日 (月) | 編集 |
演劇集団Q新歓公演「ショクザイ」全ステージ終了致しました。


今回、何と222名ものお客様にご来場して頂く事が出来ました!

200超えて…瞼の197だか198名の時に「ここ十数年で最高」という話を聞きましたがまさか半年でそれを上回るとは!これも一重に陰で挟み込みに奔走してくれた制作の岩木君のお陰ですね。
私も水上も20人くらい友達呼びましたが。チケット代おいしかったです(^q^)

今回、私のお客さんは、勿論外部出演したときに知り合った演劇関係者もいましたが、ほとんどが軽音サークルの友達で、今まで演劇など触れたこと無いような人ばかりでした。

その彼らも「来て本当に良かった」「2時間すぐだった」「圧倒された」「衝撃受けた」「次も絶対来たい」と言ってくれました。これが今回一番嬉しかったです。彼等からの感想メールで、中日の夜嬉しくて寝付けませんでした

まぁ寄口さんに「あのアクリルケースどこで買ったの?」と聞かれたのも嬉しかったですが

演劇を見たこと無かった人にも楽しんでもらえ、圧倒でき、興味を持ってもらえる作品であったとい
う事の何よりの証拠では無いでしょうか

新入生も早くも数人、入団希望が座長の所に行っているらしく、新歓係としてはホクホクであります

しかし今回公演、私としてはかつて無い程に周囲と衝突した公演でもありました。
特に演出とは何度も朝っぱらから電話で口論になったり稽古場でぶちきれて稽古の雰囲気悪くしたり、新歓手一杯になりすぎて三週目まで中々私の役が完成しなかったりと、大分心証は悪くなったかと感じます

しかしまぁ、私という共通の敵がいることでみんなの団結は高まるでしょうし、これはこれで私の役割としてはありかとも思います。

なのでQに居座り続けるし役者も続けます。Qが私を嫌いでも私はQを好きなんです。ふふふ

さて、今回集客的にも評判的にも大成功を納めたと言ってよい演劇集団Q新歓公演でしたが、勿論これで終わりではありません。
活きのいい新入生を沢山迎え、新たな顔ぶれで行う次の6月公演。一発屋で終わるか、やっぱりQは凄い劇団だと思われるか、全てはここに懸かっています。

当然私も役者で参加するつもりです。というか、この先全公演役者したいと思っています。別に頑張るとかそういうのでは全くなく、単に役者してない自分が想像できず、また役者してる事が完全に生活に組み込まれているのです。ふへへ

役者してないと生活が腐る。これはクロノスで実証済みです。まぁ、毎日みんなに会えるのが嬉しいしね。Qが私を嫌いでも私はQが好きなんです(2回目)


今はただ今回公演が終わってしまった寂寥感と6月が楽しみな気持ちで一杯です


清水
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
rWyXnJ <a href="http://ivqckttcgrrk.com/">ivqckttcgrrk</a>, [url=http://ukmjgvuuqcxm.com/]ukmjgvuuqcxm[/url], [link=http://uwvo
2016/04/11(月) 14:59:27 | URL | gxmbxzwkrh #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック