FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
狂人は死んだ
2015年09月26日 (土) | 編集 |
こんばんは。
7月公演「狂人なおもて往生をとぐ」で演出をしました、南里初陽改め銀河微笑女です。
公演後、先月までカナダに逃亡していましたが、帰ってきました。今回10ヶ月ぶりくらいに役者をします。物凄く久しぶりです。
えぐい。身体が全然動かない。

今回は3回生の引退公演ですし、久しぶりの役者参加ですし、先輩を頼ってのびのびとやろうと思っていたのですが、全然のびのびできません。
念願の松尾スズキ先生の脚本なのですが、
いかんせん私が演劇モラトリアムだった為、まず感覚を取り戻すのに苦闘しております。それから、今公演は演劇的なアプローチ以前に漫才のメソッドを要されるため、それを掴むのに一番苦闘しております。私、漫才もコメディも喜劇も苦手なんだもん。
役も私の引き出しにない役だったので苦闘しています。目標像は徐々に定まってきました。

今、ベルクソンの『笑い』を読んでいますが、全く頭に入ってきません。やっぱり読書は苦手です。演出の綱澤秀晃氏のように天才にはなれません。

せっかくだから面白い作品になれば良いなあと願っております。いや、これは当たり前なのかもしれませんが、私はあらゆる当たり前・あらゆる常識を悉く疑う人間なので、面白さを目標に創作をすべきなのか、そもそも何が面白いのか、探求はしますけど全くわかりません。
とりあえず今の時点から賛否両論あることが予想されます。楽しいです。以前Qのアンケートに「もっと一般受けする作品をやってほしい」と書いて下さった方には申し訳ありませんが。

あっちなみに題名は「狂人なおもて(以下略」が終わったよーってことです。神は死んだならぬ、往生をとぎました。すみません、題名だけ全く思いつかなかったので適当につけました。何も考えてません。

頑張ります。長文すみませんでした。黙ります。楽しみにしていてください。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック