FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
プロデュース公演について
2015年12月16日 (水) | 編集 |
こんにちは。新人公演が終わり、新しい風が吹きましたね。自分の代の新人公演で「新人公演が終わったら新人ではなくなります。」とアンケートに書かれたのを思い出します。新人ではなくなった彼らの今後に期待します。

さて、当方引退した身ですが、年明けに演劇集団Qプロデュース公演を打たせていただくことになりましたので、Qブログでもお知らせします。(最後に公演の詳細を載せましたので、お急ぎの方はスクロールしてください。)

年明けにやらせていただくのは松井周の「自慢の息子」という演目です。第55回岸田國士戯曲賞を受賞した脚本ですが、私自身も京都の劇団が上演したという話は聞いたことがないので知らない人も多いかと思います。是非この機会に観てほしいと思います。
演出はQを2014年度に卒団した水上亮です。彼が演出した作品「象」(別役実)を観てQに入団したので、どうしても最後に一緒にやりたかったのです。このへんはエゴな企画だと自覚しています。謝らないけど。
あまり脚本について多くを語りたくはないのですが、あらゆる視点から考察してほしいです。岸田國士戯曲賞の選考の際に岩松了が「人生のあっけなさを描いて出色である。母と息子の関係を中心に描かれているが、世界を見るその独自な視線は、性的な香りをかもし出す。」と述べたようですが、個人的には何度読んでも「母と息子の関係を中心に描かれている」ようにはみえないのです。やはりそれは脚本が一本の線のようなものではなく、またはっきりした軸があってそこから小さい枝がわかれていく木のようなものでもないからだと思います。これも私のひとつの意見でしかありませんので、是非、あなたがすっきりするまで考察してください。

私事ですが、来年度約一年ほど京都を去るので、その餞も兼ねて観ていただけたら。予約も日に日に増えております。私たちと約束をしてくれてありがとうございます。それでは同志社大学新町別館小ホールでお会いしましょう。


越山侑季


----------------------------------------------------------------------


演劇集団Qプロデュース「自慢の息子」
作・松井周 演出・水上亮


■日程
1月8日㈮ 18時
9日㈯ 13時/18時
10日㈰ 13時
上演時間は90分前後を予定しています。(12/16現在)
※開場は開演の30分前です。開演後15分以降は入場をお断りします。予約していただいたお客様を優先してお通しします。

■会場
同志社大学新町別館小ホール
(京都市上京区近衛殿表町 京都府京都市上京区新町通今出川上ル近衛殿表町159-1)
※駐車場はありません。

■アクセス
市営地下鉄「今出川」駅 2番出口より徒歩約10分
案内動画: https://youtu.be/_VX6JFkktmE

■料金
無料(投げ銭制)

■予約フォーム
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=d54fdefbc3&s=&

■お問い合わせ
メール: q.jiman@gmail.com
Twitter: @q_jiman
(企画者:越山侑季)
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック