FC2ブログ
同志社大学を中心に活動する学生劇団、演劇集団Qの日記
楽曲解説
2016年05月07日 (土) | 編集 |
こんばんは、音響スタッフの山田です。
只今、中日の夜です。頭痛薬を硬水で飲んで胃がズタボロですが、音楽にたくさんの反応を頂いたので、調子に乗って楽曲解説を書いてみます。

少し前、それぞれの組のテーマ曲の音源をTwitterに上げて頂きました。お聴きいただくとわかると思いますが、乱暴組は静かで少し内にこもった感じ、待機組は地上2mくらい浮いてる感じと、ダブルキャストのイメージに合わせてかなり雰囲気を変えています。が、どちらも同じメロディです。
今回の音楽への演出の要望は「ワルツ縛り」でした。テーマ曲も暗転中の曲も、全てワルツ。円舞曲とも書くように、2人の日常が円を描くように繰り返されるイメージです。
ただ1つ奇妙な点は、それらのワルツの多くが5拍子であること。1、2、3、1、2、3、の普通のワルツではなく、1、2、3、1、2、という少し乗りにくいリズムが特徴です。音楽からも、2人の日常のいびつさを感じ取って頂けたら成功です。
暗転中の曲は基本的に全て、テーマ曲の一部分から少しずつ拝借したモチーフを展開させています。自分の中ではそれぞれに裏タイトルがあるのですが、ご想像にお任せします。一番長い暗転中の曲が、個人的には一番お気に入りです。
そしてワルツであるという点以外にも、全ての曲に共通している点がもう1つ。振り子時計の音です。暗転中、2人があの部屋で過ごした時間に想いを馳せて頂けたら幸いです。ちなみにこの音、途中で変化していきます。どこで振り子時計の音がどうなったか、気になる方、観たけど気がつかなかった方、ぜひ明日の大千秋楽に来て確認してください!

...以上、楽曲解説でした。なかなか言う機会のないことが書けて満足です。皆様、おやすみなさい。明日も牛乳プリンで気入れします。

(入団希望の皆様:音響スタッフになっても作曲を教えてもらえる訳ではない点をご了承ください)
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック